柴犬の図書館 公開日: 更新日:

柴犬は暑いのが苦手!?散歩などでの愛犬の暑さ対策まとめ!

柴犬の図書館(@ノエル)です♪

夏場の愛犬との散歩やドッグランなどでの暑さ対策はどうしてますか?可愛い愛犬が暑そうにしていると何とかしたい気持ちになるけど何をしたらいいやらわからなくて困りますよね。。そんな飼い主さんの為にこのページでは、愛犬の暑さ対策をまとめていきますね♪

【柴犬の図書館】愛犬の暑さ対策

愛犬が息苦しそう。。

暑いときに犬が口を開けて舌を出して、ハァハァと息苦しそうにしてるように見えますよね。。あれは実は自分の身体の暑さを調整するための冷却行動でもあるのです!人間は、汗をかいて体温調節をしていますが、犬は肉球などしか汗をかくところがなく基本的には汗腺がないので汗をかきません。その代わりに、よく目にするような行動である、口を開けて舌を出して唾液を蒸発させることで自分の身体の体温調節をしています♪

塩分の補給は必要!?

人間の場合、夏場は特に「塩分を取りましょう」とよく耳にすると思います。そのため、ポカリスエットなどのスポーツドリンクの摂取を推奨されています。これは汗をかいて体内の塩分が外に出てしまうので、塩分を体内に取り込むための手段です。先ほども紹介したとおり、犬にはほとんどの場所で汗腺がなく、基本的には汗をかかないので塩分摂取は気にすることなく、夏場であっても水分補給は、水で大丈夫です♪

散歩のときの注意点

夏場などの暑い日の散歩で注意しないといけないことをまとめてみますね♪



散歩をする時間帯を気にしよう!

散歩をする時間帯ですが、夏場であれば特に日中はかなり暑くなるし、柴犬はよく運動するタイプなので時間帯を選べるのであれば、朝なら午前5時から7時、晩なら日が沈んでから散歩するのがおすすめです!

地面の温度を気にかけよう!

人間は靴などの履物をしているので気が付きにくいですが、夏場の昼間となればアスファルトの上やマンホールの上はかなりの高温になっています。温度を測ると真夏では60℃にもなるそうです。そんな所を愛犬が歩いていると、靴などの履物をしていない犬はまともにその上を歩くことになるので、肉球がやけどしてしまいます。なので、夏場の日中に散歩に出かける際は、日陰や草むらなどの比較的温度が低い道を選んで歩くようにしてくださいね♪

※道の熱さが分からないときは、自分の手のひらを地面に当ててみて熱い!と感じたら愛犬を歩かせないようにしてね♪

愛犬のお腹を冷やしてあげよう!

散歩やドッグランなどで走り回った愛犬の体温は一時的に高くなります。それを確かめるには、愛犬のお腹に手を当ててみてください!お腹が熱くなっていれば注意が必要です!熱中症等にならないように、お腹を冷やしてあげましょう♪

☆冷やす方法としては、持参しているお水を愛犬のお腹にかけてあげるだけでOKです!これで充分愛犬の体温は下がるので安心です♪

夏場におすすめのアイテム

夏場の暑さから愛犬を守るためのアイテムも紹介していきますね♪

ペットボトル

これは必須です!500mlのタイプでもいいので必ず水が入ったペットボトルを持ち歩きましょう♪愛犬に水を飲ませたり、愛犬のお腹を冷やしたり、おしっこをした場合に水をかけたりとかなり使い道があるので忘れず持ち歩きましょう♪

愛犬用の靴

先ほども紹介したように夏場の昼間に散歩をする場合、散歩場所を間違えると愛犬の肉球がやけどしてしまう可能性があるので、愛犬用の靴もオススメです♪できるだけ薄手のものを選んであげてね♪

まとめ

私は愛犬との散歩が楽しくて仕方なくて、たくさん散歩したいのでできるだけ暑さ対策を考えるようにしています♪これからもおすすめの対策が分かり次第更新していきますね♪

『おすすめの犬用グッズ』や『しつけ関係』、『ドッグラン検索』や『ペットイベント検索』はトップページからどうぞ♪

トップページへ
✉お問い合せはこちら!